LIFESTYLE | 2022.9.09

9月がラストスパート!?。それとも来年から始めますか?

9月がラストスパート!?。それとも来年から始めますか?

アウトドア好きのBinOフリークの皆さんの中には釣りも好きな方がたくさんいらっしゃいます。特に小さいお子様がいる家族で行くなら、やはり「釣れないと面白くない」ということで、海釣りが多くなると思いますが、さっと荷物をまとめて一人や友人と行くなら、地味ですが渋〜く、渓流釣りも面白いのでは?

上流の冷たく陰ったちょっと人が入りにくいような、そんな場所。

広島は1時間も車を走らせれば、上流域となる山々の無数の川に巡り合いますが、浅瀬や川幅が狭い川が多く、リールが不向きな場所が多いので日本古来の「竿」「ライン」「ハリス」「毛針」四つの道具のみのシンプルフライフィッシングと呼ばれる「テンカラ釣り」の紹介です。


やめよう不法投棄!ここにもたくさんゴミが捨ててありました…悲しく見るに耐えません。


こんな派手な虫いる?色の派手な毛針が多いですが、魚には色がわからないようです。

シーズンは、2、3月〜9月末まで、そう、今月で終了し、10月からは禁漁期間と入ります。9月は、産卵前の渓魚が活発になり、いい季節のようです。遊漁券は、年間、1日と各エリアによっても料金(年間で平均5〜6千円。1日で500円前後〜。自然保護の整備、自発産卵に加え、魚を放流するなど環境づくりに企てています。)が異なりますので事前に調べておく必要があります。狙うは、ヤマメやアマゴ、イワナ、ニジマスなどなど…中でもヤマメは特に神経質で、臆病。人の気配に敏感ですから、息を潜めてそーっと行動しないと気配を感じたら、その場所では数時間は釣れません。そこがヤマメを狙いたいという衝動で、醍醐味です。似たアマゴ、イワナも生息域は同じ。沢登り的なスポーツ感覚も兼ね備え、安全に過ごすためにゆっくり焦らず、のんびり自然に身を置く気持ちで挑みましょう。


「源流テンカラ釣りの知恵―渓の翁、瀬畑雄三の遺言。」(出版:つり人社:A5判/319p/2750円)

気分を高めるために書籍(本が好きなだけ?)も紹介。この本、面白いのがいわゆる道具や釣り方のハウツー本というだけなく、まるで仙人のようなテンカラ釣りの名手、渓の翁(たにのおきな)こと瀬畑雄三氏の生い立ち、成り立ちなどライフスタイルに迫るもので、地図での開拓ルートに加え、食や火の起こし方など氏の野営術が掲載されており、テンカラがシンプルなら、釣りに限らず、自然と向き合うお人柄もすべてがシンプル。山菜など幅広い山の知識が詰まってます。
ぜひ、これからオフ期間に読んでみてください。

bino

文・Bino NIKKO HOME

スキップフロアでつないだ4つの空間は家族がいつもそばに居る安心感 at K様邸
FUN FRIEND

スキップフロアでつないだ4つの空間は家族がいつもそばに居る安心感 at K様邸

圧倒的な存在感。アート感覚の植物たち。
LIFESTYLE

圧倒的な存在感。アート感覚の植物たち。

ご夫婦の趣味が一致したアウトドアを楽しむ住まい at K様邸
FUN FRIEND

ご夫婦の趣味が一致したアウトドアを楽しむ住まい at K様邸

シーズン到来! 薪ストーブの季節。
LIFESTYLE

シーズン到来! 薪ストーブの季節。

ぶらり本川町。いいお店発見!
LIFESTYLE

ぶらり本川町。いいお店発見!

ALLenで手に入れた憧れの”自遊”な暮らし at O様邸
FUN FRIEND

ALLenで手に入れた憧れの”自遊”な暮らし at O様邸

ちょっと物騒な道具とそのブランドのこと。
LIFESTYLE

ちょっと物騒な道具とそのブランドのこと。

ぐりとぐるんぱのぎゅっとおねんね!?想像力を広げる絵本のお話。
LIFESTYLE

ぐりとぐるんぱのぎゅっとおねんね!?想像力を広げる絵本のお話。