LIFESTYLE | 2023.1.19

圧倒的な存在感。アート感覚の植物たち。

圧倒的な存在感。アート感覚の植物たち。

ようやく少しずつ暖かくなってきたかな?という時期。衣替えには少し早いですが、西日本は春の気配もちらほら。家の植物たちも新芽が芽吹く頃ではないでしょうか。近年、注目の多肉植物。BinOにお住まいのみなさんも好きな方が多いと思います。全国的にもまだまだ広まっていない頃、広島で斜め上を行く着眼点で希少性の高いサボテンや多肉植物などの植物を提案した先駆者ともいえる「叢(くさむら)」をご存知ですか?




ホームセンターなどでみかけるもので生育期間は5年くらい、ここで取り扱っているものは10〜20年(もっと上も)気候変動の激しい日本の環境で育ったもの。ゆえに生き抜いたその表情の強さ、唯一無二という圧倒的な存在感を放っています。親木を中心に不思議な形へ成り立ったものや中には”綴化(てっか)”と呼ばれる突然変異で、同じ品種でも変わった姿に変貌をしたものもいます。すべてではありませんが陶芸作家による1点ものの鉢でさらに存在感を高めたコーディネートによって販売されているものもあります。まるでアートギャラリーのような趣きです。

陽当たりの良い環境であれば、春には花を咲かせるサボテンの「白鳥」。サボテンというと痛々しいトゲを連想しますが、この白っぽい部分がトゲにあたり、触っても痛くありません。鉢は広島の陶芸家・佐々木りつ子さんによるもの。

ユーフォルビア・ラクテア錦綴化(にしきてっか)。文中でも説明した”綴化(てっか)”によって個性的な姿(上部)に。上部と下部で接ぎ木した多肉植物。接ぎ木したなごりで糸もそのまま。

ホワイトチョコがかかったような見た目のかわいさと反する怪しい名前のユーフォルビア・ホワイトゴースト。サボテンのような見た目の多肉植物。結構大きめでインパクトあります。

取り扱いとして冬場(12〜2月)は、休眠期にあたるようで寒空の外に出すのはNG。明るい場所が良いですが窓際など0°以下にはならないように5°以上が理想だそうです。水やりも月一程度の軽めで。これからの季節は、陽当たりもよくなるので、いわゆる成長期にあたり、環境の変化にも順応しやすい時期ですからぜひ足を運んで、一点モノだけにいい運命的な出会いを期待しつつ、訪れてみてください。

叢 – Qusamura
Open 12:00−18:00
火曜定休
広島市西区三篠北町1-34・1F
お近くのコインパーキングをご利用ください。

bino

文・Bino NIKKO HOME

【VILLS・BOOOTS】春の完成お披露目会in東広島
INFORMATION

【VILLS・BOOOTS】春の完成お披露目会in東広島

実邸完成見学会in東広島
INFORMATION

実邸完成見学会in東広島

平屋2棟完成見学会in東広島市
INFORMATION

平屋2棟完成見学会in東広島市

VILLS(ビルス)モデルハウス2024年4月完成予定
INFORMATION

VILLS(ビルス)モデルハウス2024年4月完成予定

BinO日興ホーム人気エリア分譲中 ~利便性の高い街で自遊に暮らす。~
INFORMATION

BinO日興ホーム人気エリア分譲中 ~利便性の高い街で自遊に暮らす。~

緑井WAVEモデルハウス夜の見学会ご予約受付中
INFORMATION

緑井WAVEモデルハウス夜の見学会ご予約受付中

使い勝手と丈夫さを追求した野良道具。
LIFESTYLE

使い勝手と丈夫さを追求した野良道具。

【5/6~21】平屋2棟同時見学会【ゆるやかにつながる平屋の暮らし】
INFORMATION

【5/6~21】平屋2棟同時見学会【ゆるやかにつながる平屋の暮らし】